ヨガライフコラム

SCROLL

インストラクターになるための第一歩

ヨガインストラクターを目指す時には、資格取得が必要になってきます。

インストラクターとして活躍するためにも、確かな知識と確かな技術が必要になってきます。

当スクールでは、全員がRYT500取得者で指導歴のある現役のインストラクターです。

インストラクターの生の声を聞きながら知識や技術をつけていくことが可能です。

一緒にヨガの学びを深めて、活躍していきましょう!



スタジオプラスヨガスクールはこちらからご確認ください♡
https://school.yogastudioplus.com


カテゴリー
タグ

SHOKO 近影

SHOKO プロフィール

私がヨガに出会ったのは10代の頃。 甲状腺の疾患があり、持病改善のためにヨガを始めました。 20代になると痩せることを目的としたヨガに変わり、10キロのダイエットに成功。 30代になり出産を経て、慣れない子育てに悪戦苦闘し、自分と向き合う時間を作るためにもう一度ヨガを学び直しました。 気づくとライフステージ毎にヨガに助けられていた人生でした。 今はこうしてヨガが大好きなメンバーと仕事ができ、「ヨガが好き」という人を微力ながらに増やしていけていることに幸せを感じています。 生徒側として受けるヨガと、先生側として伝えていくヨガ。両方とも常に学びの連続であり、人生そのものを著しています。



最新の記事

ヨガ資格

ヨガの資格スクールがたくさん出回るようになりました。 しかし、その多くは資格を取得してからのこと…