ヨガライフコラム

SCROLL

夏は室内と外の激しい温度差や熱帯夜、強い紫外線や冷たい飲み物の摂りすぎなどで、体がだるくなったり、食欲が落ちたり、ひどくなると頭痛や発熱の症状も出てきませんか。


アクティブに行動したい時期ですが、暑さを凌ぐのも一苦労ですよね。


ぐったりするような夏の暑さを乗り切るには、ヨガからのアプローチや呼吸法がおススメです。

  1. 楽な姿勢で座り、目を閉じます。
  2. 舌をストローのように筒状に丸めて、口から舌先を少し出します。
  3. そのまま、口からゆっくりと息を吸い込み、数秒息を止めます。
  4. 舌を戻して口を閉じ、鼻から暖かい空気をゆっくりと吐き出します。
  5. これを5~10回繰り返します。

シータリー呼吸とは、口から吸い、鼻から吐く特殊な呼吸法で、サンスクリット語で冷却や、熱を冷ますという意味を指します。


口から冷たい空気を取り込み、体内の暖かい空気を吐き出すので、喉の渇きを和らげ、暑さからくるイライラした気持ちや神経を鎮めてくれます。


気持ちも前向きに楽しい夏を過ごしましょう!


カテゴリー
タグ

SHOKO 近影

SHOKO プロフィール

私がヨガに出会ったのは10代の頃。 甲状腺の疾患があり、持病改善のためにヨガを始めました。 20代になると痩せることを目的としたヨガに変わり、10キロのダイエットに成功。 30代になり出産を経て、慣れない子育てに悪戦苦闘し、自分と向き合う時間を作るためにもう一度ヨガを学び直しました。 気づくとライフステージ毎にヨガに助けられていた人生でした。 今はこうしてヨガが大好きなメンバーと仕事ができ、「ヨガが好き」という人を微力ながらに増やしていけていることに幸せを感じています。 生徒側として受けるヨガと、先生側として伝えていくヨガ。両方とも常に学びの連続であり、人生そのものを著しています。



最新の記事

溶岩ヨガの効果

溶岩ヨガにはたくさんの効果があります。今日は、その中でもデトックス効果についてです。溶岩ヨガはホッ…